LinkStation LS-CH500L(LS-CHL) HDD換装(備忘)

- -

2013年にLS-C500LのHDDを500GBから2TBに換装した。
何も理解しない状態で換装を行ったので、正直なところ運良く2TBに換装できたというのが事実だ。

あれから6年...2TのHDDの空きが少なくなった。
有れば有るだけ使ってしまうのか...

10月から消費税が10%になるので、その前にと思い4TBのHDDを購入した。
LS-C500Lに内蔵されているる2TBのHDDを4TBに換装する。

前回同様クローンツールを使ってやってみたが失敗。
tftpdを使ってやってみたが、途中まで行くのだが最終的に失敗...
良く分からないのだが、LS-C500LはGPTに対応していないと勝手に判断し諦めた。

ここまで色々試して3日ほど費やしてしまった。
折角買った4TBのHDD、外付けHDDとして使うのも面白くない...
調べるとLS-C500Lの後継機LS-CHLを3TBに換装している記事が有った。
早速オークションで3台1900円のジャンク LS-CH500L(HDD無し)を落札した。

ネットで調べるとTFTP Boot Recovery 1.53を使った記事がヒットするのだが、そのツールを手に入れようとするもリンクが切れているのかよく分からないが、ドイツ語圏らしきページで行き詰ってしまった。
TFTP Boot Recovery 1.53の使用は諦め、tftpdを使った方法で行うことにした。

以下、次回のための備忘録

1 バッファローのサイトからファームウェアをダウンロードし実行する
2 上記ファイルの中のuImage.imginitrd.imgの拡張子を .zip に変更し、それぞれ解凍する。
3 initrd.buffalouImage-lsp.5x.buffalo→uImage.buffaloへリネームし、ファームウェアのフォルダに移動する。
4 LinkstationとパソコンをLANケーブルでつなぐ。(ハブを通したらうまくいかなかったのでP2Pにしてみた。念のためファイヤウォール等は停止させた。)
5 パソコンのIPアドレスを192.168.11.1/24に変更。
6 TFTPD64を起動し、Server InterfacesにパソコンのNICを選択する。
TFTPD64_01

7 下のSettingから、TFTPタブ BaseDirectoryにファームウェアのあるディレクトリを指定する。(DHCPタブは画像参照)
TFTPD64_02

TFTPD64_03

8 Linkstationを起動しFunctionボタンを押す。(2TBより大きなHDDの場合、GPT、自分の場合は全領域未割り当てにした。)
9 TFTPD64の画面で、initd.buffalo, uIimage.buffaloが読み込まれるのが分かる。
10 しばらくするとリブートする。私が参考にしたほとんどのサイトでは、この後IPアドレスを169.254.10.1/16に変更するように書かれているが、私の場合上手くいかなかったので、アドレスは変更せずそのまま進める。
11 NASナビで見るとEMモードになっている。
LS_Firmware_UD_01

12 LSUpdater.exeを実行する。(最新のFW 1.74を使ったら上手くいかなかったので1.60を使用した。)
LS_Firmware_UD_02

13 「HDDのフォーマットをおこなってもよろしいですか?」と聞いてくるので「はい」でフォーマット実施し、しばらく待つ。
LS_Firmware_UD_03

LS_Firmware_UD_04

14 3回ほど「ファームウェアを転送しています。」「書き換えの完了を待っています。」を繰り返す。
LS_Firmware_UD_06

LS_Firmware_UD_05

15 書き換えが完了すると「Linkstationを再起動しました しばらくお待ちください...」となり、再起動する。
LS_Firmware_UD_07

16 再起動すると赤LED6回点滅になるので、Functionボタンを押す。
17 オレンジLED点滅 ―、―、・、・、・、・、・、になるのでしばらく放置する。(HDDの音を聞くとアクセス音が聞こえるので処理しているのが分かる。処理が終わると再起動する。
LS_Firmware_UD_09

18 再起動後、青LED点滅になる。(HDDアクセス音あり。)しばらくすると青LED点灯に変わる。
19 時刻設定をしていいか聞いてくるので「はい」で設定。
LS_Firmware_UD_10

LS_Firmware_UD_11

20 NASナビを見ると使用可能な状態になっている。アドレスは192.168.11.1/24のままで終了した。
LS_Firmware_UD_12

21 必要に応じブラウザからログインしIPアドレスを変更。必要が有ればファームウェアを最新のものにアップデートする。(LSUpdater.exeを実行したらアドレスが勝手に変わってしまい往生したので、ブラウザからアップデートした方が良いと思う。)

注意:作業しながら記録したため、順序が入れ替わっている部分が有るかもしれない。

使用した画像は試験的に行った1TBのものである。
現在4TB、1TB共に正常に動作している。

◎ 10月20日追記 ◎
昨日、残りの一台もやってみた。
初めからFW1.74を使っても問題なく終了した。
はじめの失敗は忍耐がなかったのかもしれない。

◎ 10月31日追記 ◎
先ほど最後の一台に2TBのHDDを入れてやってみた。
19の時刻設定の前までは前回と同じように進んだが、今回はアップデートに失敗したようなメッセージが出て「中止しますか」的なメッセージが出て来た。(メッセージ内容は詳しく覚えていない。)
無視して「いいえ」を選択したら、時刻設定に進んだ。
この後前回は正常に終わったのだが、時刻設定後に「IPアドレスが変更できませんでした。」的なメッセージがでた。
NASナビを見るとIPアドレスは162.254.1479.27/16になっていた。
これは10に有るIPアドレスと同じセグメントだ。
PCのIPアドレスを169.254.10.1/16に変更し、162.254.1479.27/16にアクセスし通常使っているIPアドレスに変更した。
問題なく使用できている。

前2回と違い、今回は10のところで169.254.10.1/16に変更しておけばスムーズに終了したかもしれない。
前2回と今回はどこが違うか分からないが、「応答がなく確認ができない」というような内容のメッセージが出て「中止しますか」と出たら無視しIPアドレスを確認し、必要に応じPCのIPアドレスをLinkstationと同じセグメントに変更する必要が有るかもしれない。
関連記事
ページトップ